FC2ブログ

日本年金機構がなりすまし私的年金に注意

 日本年金機構の職員を名乗り、「自己年金」という新たな制度ができたと嘘をついて、利用者を勧誘するメールが流れており、同機構で注意を呼びかけています(PDF) http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000016803mPFdSVzrc5.pdf

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



 メールは「こんにちは、日本年金機構の武田と申します」で始まり、新しい年金プログラム自己年金制度では通常の年金と違い、「30歳から受け取ることが可能となっています」と紹介。「まもなく消費税が8%となり、生活レベルを維持するのは困難な時代になってきました。これを機会にぜひ新しい年金をお持ちになるのがいいかと思います」と、自己年金制度のサイトへアクセスするよう勧誘しています。

 日本年金機構では、「自己年金制度」には一切関与していないし、なりすましメールが案内するリンク先には絶対にアクセスしないように、と呼びかけています。今は不審なURLにアクセスするだけで、スパイウェアやウイルスを仕掛けられる危険もあるので、私も怖くてアクセスはできなかったのですが、どんなサイトか確認した人がいました。(*Hagex-day info 閲覧は自己責任で)

 すると、なんと「ブラックジャックによろしく」の漫画が現れ、自己年金制度をPRしているそうなのです。ネット証券を利用している人はご承知だと思いますが、「ブラックジャックによろしく」はフリー素材のため、ネット証券でも盛んに利用して、「NISAによろしく」(マネックス)、「インデックスファンドによろしく」(SBI)などを行っていました。そうした意味では、思わず笑ってしまいました。

 そして、掲載主の一般社団法人の名前とともに、人気講師によるFX必勝セミナー(参加費5万円)などの案内があるそうで、一般社団法人というと、信頼できそうなのに、なんだかねえ。

 ただ、こうした怪しげなメールが出回る背景には、マスコミや金融機関、識者などが、公的年金制度が今すぐにでも駄目になりそうな情報をまき散らすことにあると思います。私は公的年金制度は、たとえば核戦争でも起きない限り、日本が現状の資本主義国であるため、継続すると信じています。もちろん、減額や支給年齢の繰り下げなどはあるでしょうから、私が年金をもらうころには、今よりも条件は悪くなっているでしょうが、それは自分できちんと勉強して資産運用で補えばいいだけです。

 しかも、しっかりした証券会社や保険会社でも「個人年金保険」「じぶん年金」といったまぎらわしいフレーズをつけた商品を売っているから、「自己年金制度」といわれても、違和感なく感じてしまうのかもしれません。いずれにせよご注意を。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR