JPMザ・ジャパン販売再開

 フィデリティ証券から「JPMザ・ジャパンの申込み受付再開のお知らせ」という連絡が来ました。アクティブファンドファンにとってはうれしいおしらせですね。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 「JPMザ・ジャパン」は過去10年で年率16.74%のリターンをたたき出した、日本株を対象としたアクティブファンドのなかではもっとも優秀なファンドの一つでした。モーニングスター社の「ファンド・オブ・ザ・ディケード」にも選ばれています。

 しかし、アベノミクス到来と野村證券の推奨銘柄になったことから、昨春に人気が急上昇。昨年4月9日に新規受付を停止し、購入ができなくなりました。なにしろ、1月には300億円だった純資産残高が、4月にはその10倍の3000億円になったわけですから、野村の販売力恐るべし。

 急に純資産が増えると運営は大変になるうえ、新規に購入した人はさっさと利益確定してしまい、長期投資など考えていません。そのため、4月に3000億円だった純資産残高はどんどん減少し、ついに1000億円を切ったため、販売を再開することになりました。このファンドの急流入、急流出は受益者にとってろくなことがなく、なんとこの3ヶ月はマイナスリターン。同種ファンド48本中47位になってしまいました。

 バリュー投資をするファンドなので、あまり大きな資金が流入するとパフォーマンスが悪化するのは予想されていましたが、まさかここまでひどいとは。逆に言うと、アクティブがインデックスを短期で上回るファンドもあるが、長期ではきわめて困難で、事前にそれを選ぶのは難しいというインデックスファンド理論を実証したような感じです。

 この後も流出が続くようだったら、パフォーマンスの改善は難しいでしょうが、短期資金が流出しきったと考えると、再び良いファンドになるかもしれません。ちなみに、私は昨春にこのファンドを購入しており、9ヶ月で+21%といったところ。このままファンドの行く末を見たいので、当面、売却するつもりはありませんが、果たしてどうなることやら。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【JPM ザ・ジャパン】ウォッチその二 2013年度の騰落率と純資産総額の推移

――当ブログに初めてお越しの方はコチラからご覧ください―― −※−※−注意!!−※−※−モ人自身は現在【JPM ザ・ジャパン】に投資していません。ただし、当ブログでも何度か同ファンドの動静を取り上げています。従来の運用状態になったなら、同ファンドへの投資は魅力的だとも感じています。−※−※−注意ここまで−※−※−連作です。前回は【JPM ザ・ジャパン...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR