FC2ブログ

母のところに野村さんが来た

 先日、母のところに野村證券の営業マンが来るので、立会いました。母は77歳で、私の家から車で1時間のところに一人暮らしをしています。父からの遺産を受け継ぎ、父が証券投資が好きだった影響で、自分も株を買っていますが、証券マンからのオススメや自分の好きな会社の株を買うだけで、投資に関する知識(PER、PBRとかすらも)はまったくありません。

 野村の営業マン(以下野村さん)は父の担当だった方で、お線香をあげてくれました。父の遺産の関係で、電話でのやりとりはありましたが、直接会うのは始めて。なお、私に立ち会ってほしいというのは、野村さんの方の要望であり、また、こちらの意見を尊重しようという立場を持っておられたことは、最初に書いておきます。
 さて、母は個別株を持っておりますが、大半が損失を出しています。シャープをはじめ、かなり状況の悪い銘柄も多く、野村さんも銘柄を絞った方がいいとアドバイスされました。私も同意見で、もう高齢なので安全に運用してほしいことを第一に、病気などで急にお金が必要になる場合もあるので、流動性の高いものも条件として希望しました。具体的には、野村の定期預金、国債、外貨建てMMFなどです。

 野村さんは、いくつかの商品のパンフレットを持ってこられました。一つ目は第一フロンティア生命の年金原資保証型変額個人年金保険です。この保険は運用期間満了時に一時払いで払い込んだ資金の全額が保証されます。さらに、手数料がかかりません。この時代に払い込んだ分は損をしないというのは魔法の言葉ですね。

 しかし、保険契約関係費と資産運用関係が合計で年3%近くもかかってしまうんですよね。さらに、最低の基本保険額が200万円もするうえに、運用期間が満了する前に解約したら、全額保証の対象外だそう。うーむ。77歳でいつまとまった資金が必要になるかの人には向かないですね。

 次に債券ということで、勧められたのが、野村ハイイールド(通貨選択型)。ハイイールド債券は格付けが低い分、通常の債券よりも利率が高いこと。単独の会社ではなく、投信として束ねているので、倒産リスクも低いこと、の説明を受けました。こちらも、信託報酬が高いうえ、すでに他の毎月分配型を持っていることから、パス。

 ちなみに、大部分のインデックス派の方はこの投信を嫌うでしょうが、豪ドル毎月分配型で、設定時の2009年1月に1万円で購入したら、分配金を再投資していれば、現在2万1000円になっています。毎月分配金型投信がこれだけ売れているのは、何も金融機関の悪どい売り方だけでなく、買っても損をしない人がおり、だから、ある程度の合理的理由はあると思っています。

 そのあと野村さんに勧められたのが、銀行ETFに連動したリンク債。こちらは、母が「よく分からない仕組みのものには投資したくない」といって、野村さんもそれに同意していました。

 野村さんが勧められた3種類は、いずれもこちらのメガネにかなわず、野村さんもこちらの意向を聞いて、いろいろ言われているような無理なセールスはありませんでした。でも、投資の知識がなく、ただ、セールスマンが来てくれたことに喜んでいるようなお年寄りが、こういう説明を受けたらどうなるのかな、という気もします。

 今回、野村さんが来るということで、事前に母から詳しく意向を聞き、いろいろレクチャーをしました。高齢者にとって投資知識はもちろん必要ですが、家族や友人の親身な相談、普段からのコミュニケーションが何より大切だと思いました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR