【投資本37】田村正之 著 月光!マネー学

 日本のマスコミ人のなかで、唯一個人投資家の立場にたった記事を書いているのが日経新聞の田村正之編集委員です。(もし、それ以外のマスコミ関係者がいたら、ご教示ください)。個人投資家からすれば、彼の記事だったら、まず信頼して問題ないでしょう。というか、何千人のマスコミ人のなかでたった一人しかいないという状況自体が、日本での個人投資家がいかにマイナーな立場であることを浮き彫りにしています。




 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ


 本書は投資の基本だけでなく、危険な金融商品の見分け方、生命保険や税控除、住宅ローンといったマネー全般のことを取り上げており、ジャーナリストならではの客観的な視点で問題点を分析し、国際分散投資など基本を推奨しています。個別株についてはPERの見方を抑えた上で、PEGレシオを推奨しています。

 危険な金融商品については、大手銀行の外貨預金や変額年金の問題点をずばり指摘。毎月分配型の投信についても、「資産形成層にとってはマイナス」とわざわざ赤字で警鐘を鳴らしています。

 月光投資とは田村さんが提唱した概念で、国際分散を中心とした、着実に安全に資産を増やす方法のこと。インデックスに限らず、アップダウンの激しい従来のぎらぎらとした投資法から一歩引いて、データや正確な知識に基づいて冷静な投資を訴えています。残念ながら定着していませんが、草食投資に似ている部分もあり、一般の個人投資家にお勧めです。

 2008年出版と多少古くなっているのが難点ですが、今なお、投資を始めようという人はもとより、ベテランでももう一度基本に立ち返ろうと考える人には最適の本です。変に政治的な主張がない分、木村剛さんの「投資戦略の発想法2010」よりも、初心者には親切でしょう。ちなみに、本人にお会いしたときに、最新版をぜひにとお願いしたのですが、本書の売れ行きが今ひとつだったそうで、私も図書館ではなくて買えば良かった。そのこともあり、もう一冊の田村さんの著書「しぶとい分散投資術」はちゃんと購入しました。

 内容    ★★★★★
 読みやすさ ★★★★★
 図書館 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

藤田郁雄著「みんなの投資」もお薦めです。こちらも古いですが投資を始める人にはわかりやすいんじゃないかと思います。^^
なかなかいい本っていうのは売れないんですかね~?

Re: No title

コメントありがとうございます。「みんなの投資」は知らなかったので、読んでみるようにします。
投資本は、どうしても短期売買が主流になりますよね。ちゃんとした本が売れるようになればいいのに
と思っています
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR