財務省のホンネ?

 財務省のホームページより
 http://www.mof.go.jp/faq/jgbs/04be.htm

 「日本が財政破綻した場合、国債はどうなりますか」という質問への財務省の回答がひどい。

 「国債は政府が責任を持って償還いたしますので、ご安心ください」だけ。ツッコミどころは満載です。

 (1)政府が責任とあるけど、具体的にはだれ?首相?財務相? 公約にもないような消費増税をして頬かむりするような首相や財務相が本当に責任をとってくれるのでしょうか。

 (2)全額償還とは書いていないですね。ギリシア国債などは半分以上カットされたわけでして、そういう可能性もあり?

 (3)もし全額償還されても、日本が財政破綻した場合、インフレが想定されるわけで、返ってきた額は実際には雀の涙という可能性も高い。

 むしろ不安をあおる財務省の回答なんですが、優秀な財務官僚の真意は不明。

 一番問題なのは、「政府が責任を持つ」のは「財政破綻しないこと」のはずなんですが、それが財政破綻前提になってるというのが、なんともかんとも。

日本を離れたくなったら↓



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR