FC2ブログ

一括かコツコツか

 クレディスミス証券の内藤忍さんと楽天証券の山崎元さんといえば、個人投資家向けに数多くの書籍があり、ネットでもがんがん情報発信している金融の専門家です。ところが、ある投資の基本的なことで、お二人の意見が真っ向から対立しています。それは、一括して投資するべきか、時間を分散して投資するコツコツ投資(ドルコスト法)をするべきかということです。

 山崎さんは一括投資を勧めています。山崎さんは「どのような買い方をしたとしても、同じ対象を買う限り、それぞれの時点のリスク・リターンについて有利不利はない」として、むしろ機会損失を防ぐために一括投資のほうがいいとしています。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ




 これに対して内藤さんは「実際にドルコスト平均法を実践した人の意見を聞けばその評価を知ることができるだろう。ネガティブな評論家ではなく投資家の意見を聞かなければいけない」とドルコスト法を勧めています。

 先日のコツコツ投資の会で、この点についての意見を聞いてみました。それも踏まえて、やはり父さんにはドルコスト法のほうがいいかなと思いました。確率的には、一括投資の方が機会損失がない分得なのかもしれませんが、一括投資とドルコスト法の差はそれほどないわけです。しかし、人生は一度きりで、一括投資で失敗したら、リセットして取り直すわけにはいきません。それより、多少、期待値が下がっても、リスクをカバーしてくれるドルコスト法のほうが、個人投資家が実際に投資する分にはいいのではないでしょうか。以前のエントリーで書きましたが、ドルコスト法は損失しやすくでもカバーしやすいのが特徴なわけです。

 それと、現実問題として、毎月少しずつ投資しているわけだから、宝くじでも当たらない限り、ドル・コスト法でやるしかないんですよね。これからもずっと、ドル・コスト法でコツコツ積み立てていきたいと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

同感です。投資で大事なのは大きく儲けることよりも損をしないことですから。

ドルコスト法の議論は繰り返されてきたと思いますが、結局株価の動きがどうなるかで左右されますから有利とも不利とも言えないでしょうね。

ですがドルコスト法の方が無難だと思います。

一括買いをすすめる方は自分では投資を全くしていないか、議論として楽しむけど自分では一括買いを実践していない人が多そうですね。

Re: No title

>>Tansney Gohnさま

 コメントありがとうございます。
今の相場が明白に安値だと思えば、一括投資もアリかなと思いますが、それでも失敗したら
目もあたられないです。例えば、1989年末に3万9000円の株価が翌夏3万円を割って、これは
買いどころだとかったら、その後も2万円も下がってるわけですから。

 一括投資だとリカバーできないわけですし、ある意味、相場観以上に運が試されるのかもしれません
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR