毎月分配型を考える(その3)

 またもコツコツ投資の会からのネタですが、会で毎月分配型反対派のブロガーの方とお話をしました。その結果、毎月分配型は弱者の投信なのかな、という思いがしました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



 まず、前提のお話です。インデックスと毎月分配型を比較すると、毎月分配型のほうが、毎月利確するため、税金というコストが多くかかります。また、信託報酬も毎月分配型の方が高い(*アクティブファンドは毎月分配型にかぎらず、インデックスより信託報酬は高い)。そのため、長期投資では効率が悪くなる。

 しかし、毎月分配型では再投資した場合、分配金の分だけ底上げされるため、ある程度の年月がたつと、元本の分は確保される。しかし、インデックスファンドは右肩上がりでない限り、元本を下回る可能性はある。日本株の場合だと20年経っても元本の4分の1しかないわけです。ただし、毎月分配型ファンドでは効率が悪いので、繰上償還などがされないファンドを選ぶことが必要なわけですが。

 これに対してブロガー氏は、インデックスファンドを持って、自分でさっさと利確すればいいのではと指摘されました。効率が良いインデックスできっちり利確できれば、なによりも最強です。ただし、それができるためには、正しい相場観をもった相場の強者でなければならないでしょう。しかし、あくまでも仕事や家庭の片手間で投資をしている父さんは、自分がそんなにきっちり利確できる自信はありません。投資の弱者にとっては、毎月きっちり利確してくれる分配型の意味もあるのではないかと思っております。したがって、全体の1割程度を毎月分配型でもっており、インデックス以外のささやかな楽しみにしています。

 まあ、金融機関に進められて、無駄にリスクの高い毎月分配型を購入してしまう情報弱者のためのファンドという意味もあるのかもしれませんが。

コメントの投稿

非公開コメント

毎月分配型

>しかし、毎月分配型では再投資した場合、分配金の分だけ底上げされるため、ある程度の年月がたつと、元本の分は確保される。

分配の分だけ評価額も下がっているので、底上げとはいわないと思います。

また、償還も減配もされず分配によって元本の部分が確保されるような相場だったとしたら、インデックスファンドでも同じく元本の部分は確保されているでしょう(評価損益がプラスということ)。
同じような投資対象の毎月分配型とインデックスファンドを比べたらという話しですが。


毎月分配型ネタにだけ喰いついてすみませんヽ(´ー`)ノ



No title

>効率が良いインデックスできっちり利確できれば

ETFの分配型はどうですか(ETF屋さんの回し者ではありません(笑い))。

ETFの場合は利益だけ分配するのが多いようですので過分配の危険性は少ないと思います。一応インデックス型(海外籍のなかにはアクティブ型もありますが)ですし手数料も安いです。利確は勝手にやってくれますのでほったらかしでもOKです。
^^

Re: 毎月分配型

>>コツコツ麻酔科医さん

 そうなんですよ。だから、利確できるタイミングと勇気があれば、毎月分配型を購入する必要はないのだけど、そんな能力がなければ、自動的な利確は非常に便利。税金分がコストとしてかかってもいいぐらい思えてしまいます。

Re: No title

>>Tansney Gohnさん

 ETFは信託報酬が少ないし、投資の有力な候補ですね。今後、増やしていきたいと思っています。ただ、分配金の再投資ができないというのがネックなので、毎月分配型のETFで分配金をもらった場合、再投資するには少額すぎるんですよね。

No title

>しかし、毎月分配型では再投資した場合、分配金の分だけ底上げさ
>れるため、ある程度の年月がたつと、元本の分は確保される。

これはダウトです。
既に「分配金の分だけ評価額も下がっている」と、コツコツ麻酔科医さんも指摘されていますね。

>自動的な利確は非常に便利。

ダウトです。

毎月分配型は、自動的な利益確定ではない場合もありますがそれでもキャッシュにしたいのでしょうか?
毎月分配=自動利確ではありません。
購入価格より下がっていても毎月一定分をキャッシュにしてしまいます。

これは、毎月分配だろうが、手動だろうが同じことです。


>毎月分配型のETFで分配金をもらった場合、再投資するには少額すぎ>るんですよね。

言われていることが矛盾しています。

分配金をもらいたいのか、もらいたくたいのかどちらでしょうか?

貰いたいのなら①、もらいたくなくて分配金なしで運用したい(期待リターンがプラスのリスク資産で運用したい)のなら②です。

①「全体の1割程度を毎月分配型でもっており、インデックス以外のささやかな楽しみにしています。」

②「再投資するには少額すぎる」


毎月分配金をすぐに再投資したいのであれば、全くもって毎月分配の意味はありませんよね(税金の無駄)


というわけで、原点に戻ると、分配金が欲しいのですか? それとも不要なので運用にあてたいのでしょうか?

Re: No title

>>kenz

やはり山崎元さんの指摘する行動ファイナンスを利用した商品ということになるのでしょう。右肩上がりの時代と違って、先行きが不透明ななか投資を続けるには、毎月分配金があるというのは、心の支えになる。でも理屈では損だから、大規模にやらないというのが一番の理由なのかもしれません
http://diamond.jp/articles/-/11217
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR