トヨタ自動車「増税もまた楽しからずや」

 トヨタ自動車が23日の日経新聞に出した広告が、波紋を呼んでいます。広告では消費増税で生活を見直せばムダが見つかるはずとしたうえで、「節約は実は生活を豊かにするのだと気づけば、増税もまた楽しからずや」としているのです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 消費増税後、皆さんの家計はどうなっていますか?4月21日の日経新聞世論調査によると、消費増税後支出を減らしたのは31%しかいません。ところが、同日の毎日新聞世論調査によると、支出を抑えた人は44%と1.5倍も食い違っています。減らさないでも横ばいの人がいるので数字が違うかと思いますが、どちらが正しいかはわかりません。ただ、軽減税率がない以上、収入の少ないひとほど、増税の負担感が大きいのは間違いないでしょう。

 そうしたなか、増税も楽しいなど、市民感情を逆なでするようなキャッチコピーを載せるというのは、正直、首をひねってしまいます。(*トヨタが輸出戻し税で利益があるという説は、データが不明なので置いておきます)。

 私はトヨタの株主でもあるし、初めて買った車がトヨタ製ということもあり、トヨタを応援していますが、どうも、最近の消費者の嗜好と食い違っているのではないか、と危惧しています。典型的なのが、若年層が自動車を購入しなくなった問題。豊田章男社長自ら、昨年、「クルマから離れているのは若者ではなく、メーカーなのでは」と認めています。でも、若年層の購買力が落ちていることも自動車離れの大きな要因であり、それなのにその回答が「増税も楽しからずや」というのは、あまりにも筋違いなのでは?

 実際、ネットではこのコピーや豊田社長の発言に批判が集まっています。まあ、私はもともと自炊のときにはモヤシを使っているし、今後、自分で自動車を購入することはまずないですから、それほど腹は立たないのですが、株主利益を損ねるようなコピーはやめてほしいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR