やはりFXは危ないのでは

 ブルームバーグによると、英銀バークレイズとスイスの銀行UBSの為替トレーダーが、いずれも少なくとも5、6人停職処分になるなど、為替取引のインサイダー疑惑が問題になっているそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 世界の主要金融機関の為替トレーダーは80~160人ですが、少なくとも30人以上のトレーダーが処分、解雇、休職などで姿を消したとのこと。指標レートに影響を与え、最大限の利益を得るために銀行トレーダーが他社のディーラーと情報をやり取りした疑いが起き、各国の金融当局が調査に乗り出しているとのこと。 すでにトレーダー不足の影響がでており、流動性が不足し、ちょっとのことで市場が大きく動いているそうです。

 金融機関がぐるになって、個人投資家をはめこもうとしていた疑いが濃厚ということですよね。大手金融機関が大量の注文を出せば、為替はすぐに上下して、資金量の小さい個人投資家に直撃。その分は大手金融機関に吸い上げられるべきです。

 FXは短期売買ということで、チャートなどテクニカル重視がほとんどですが、そもそも市場がインチキ、インサイダーだったとしたら、チャートの意味などないわけです。また、世界の為替市場がこのくらいの少人数で牛耳られているというのも、結構な驚きでした。

 やはり、私はFXに大金をつぎ込む気にはなれません。やるとすれば、外貨預金代わりにレバ1倍で少額投資でしょうが、手間隙考えると、とてもそんな気も起きないのが現状です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>大手金融機関が大量の注文を出せば、為替はすぐに上下して、資金量の小さい個人投資家に直撃。その分は大手金融機関に吸い上げられるべきです。

これは誤解があるようですね。

為替は一年に1~2度、大変動のイベントがあって、そのイベントごとに半数ぐらいの個人投資家は退場します。
そういう意味では個人投資家の資産は機関投資家に吸い上げられるのは事実ですが、個人投資家が負けるのは株でも同じだと思います。

また、為替が大きく動くのは、必ずしも個人投資家に不利になるわけではなく、私のようなトラップという指値で自動売買するタイプの投資家はむしろ有利ですね。

>FXは短期売買ということで、チャートなどテクニカル重視がほとんどですが、そもそも市場がインチキ、インサイダーだったとしたら、チャートの意味などないわけです。

これも誤解があるようです。
FXでは短期売買・テクニカルの取引手法が本に載っています。
株でも同じですが、FXの本を書いている人は基本的にプロ。その手法を素人が真似しても成功しないし、たまたま勝っても勝ち続けることは無理です。
FXというとハイリスクのイメージがありますが、株の方がリスク大きいですよ。
実際、100円の株が一日で90円になったり110円になるのも珍しくはないですが、為替で一日に10円も動くのはほとんどあり得ないです(一度だけスイスフランで見ました)1円動いたらもの凄く動いたように感じますし、2円も動いたら株のストップ以上の衝撃です。

FXの場合は株のように取引所で取引しているのは少数派で、各FX会社が独自にレートや金利を決めている店頭FXが主流です。

FXの店頭取引では、各FX会社によって手数料や金利が違うのが普通で、証券会社以上に差が大きいです。
そういう意味では、最初からインチキかもしれません(*^_^*)

Re: No title

コメントありがとうございます。

> 為替は一年に1~2度、大変動のイベントがあって
 回数は決まっているわけではありません。リーマンショック直後は連日のごとく大変動しました。また、スイス中銀が突然無制限の買い入れを宣言して、スイスフランが1日で8円も動いたり、東日本大震災後はドル円が1日で6円動きました。いつ何があるかはだれにも予想できません。

> >大手金融機関が大量の注文を出せば、為替はすぐに上下して、資金量の小さい個人投資家に直撃。その分は大手金融機関に吸い上げられるべきです。
> そういう意味では個人投資家の資産は機関投資家に吸い上げられるのは事実ですが、個人投資家が負けるのは株でも同じだと思います。

 株は経済が成長すれば市場全体が増えるので参加者全員がプラスになるプラスサムの世界です。FXは、A通貨とB通貨を交換するだけのゼロサム。しかも、手数料がひかれるのでマイナスサムと、前提条件が違います。もちろん、株も短期売買では、機関投資家のほうが圧倒的に有利なので、個人投資家が負けることは多いですが、このブログで推奨している長期コツコツ投資は、個人投資家が機関投資家にも勝てる可能性が十分ある投資法だとされています。

> また、為替が大きく動くのは、必ずしも個人投資家に不利になるわけではなく、私のようなトラップという指値で自動売買するタイプの投資家はむしろ有利ですね。

 マイナスサムといえども、FXで儲かる個人投資家もいるわけですから、しらいゆうきさんのご健闘をお祈りします。私は自分が短期売買の能力があるとは思っていませんので、FXには参加しません。

> FXというとハイリスクのイメージがありますが、株の方がリスク大きいですよ。

 FXで低レバレッジであればリスクは低くなりますが、ほとんどが25倍のハイレバレッジでやっています。もちろん株もレバレッジをかければ大きなリスクになります。

> 実際、100円の株が一日で90円になったり110円になるのも珍しくはないですが、為替で一日に10円も動くのはほとんどあり得ないです(一度だけスイスフランで見ました)

これもレバレッジの問題です。多くの人がやっている25倍のレバレッジをかけて、4万円の証拠金でドル円1万通貨単位を買えば、1円動けば手持ちの額の25%が変動します。株でレバレッジをかけずに国際分散投資すれば、1日に25%変動するというのは、まず考えられません。(ダウ最大の暴落は1914年の24.4%、日経平均はブラックマンデーの14.9%)。

> FXの場合は株のように取引所で取引しているのは少数派で、各FX会社が独自にレートや金利を決めている店頭FXが主流です。
>
> FXの店頭取引では、各FX会社によって手数料や金利が違うのが普通で、証券会社以上に差が大きいです。
> そういう意味では、最初からインチキかもしれません(*^_^*)

 指標発表後はスプレッドが大きくなりますから、そういう場合に個人投資家は大きくとられてしまうと思いますね。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR