全国のホームレスが5年で半分に

 借金などで生活が破綻してホームレスになってしまう、というのはドラマや映画などでよく見ます。若い世代の貧困を描いた映画「東京難民」でも、主人公は、ホームレスになってしまいました。ところが、そのホームレス、全国的に減っているのに気づいていますか?

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 厚生労働省の調査によると、全国のホームレスの数は今年1月現在、7508人。これは自治体が巡視して目視した数であり、正確な数ではありませんが、毎年同じ調査を行っているので傾向はわかります。内訳は男性が6929人、女性が266人、不明313人。リーマンショック後の2009年1月の調査では14554人でしたから、5年間で半減したことになります。

 国はホームレスに対する支援策として、2002年に「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」を策定。10年の時限立法だったのが2012年にさらに5年延長しています。ホームレスの自立の支援等について就業の機会や住宅を確保することを重視している一方、医療の提供などを行っています。具体的には、自治体による一定期間入所して生活・職業相談などを行う自立支援センター、緊急的な一時宿泊所などの設置です。こうした施策や民間の支援団体の活動などもあり、ホームレスの数は減少しているとみられます。2010年以降、一貫して数は減ってきています。

 都道府県別にみると、もっともホームレスが多いのが大阪府で1786人、ついで東京都が1719人、神奈川県1277人など。奈良、島根は0でした。人口からみれば東京の3分の2しかいない大阪府のほうが多いというのも不思議ですね。

 同省が2012年に調査をしたところ、ホームレスの平均年齢は59.3歳、70歳以上も12.9%いる一方、39歳以下の若年層も3.7%いました。10年以上路上生活をしている人が26%に上る一方、1年未満も20.2%います。ホームレスになった理由は「仕事が減った」34%、「倒産・失業」27.1%、「病気、けがや高齢で仕事ができなくなった」19.8%となっており、仕事が増えれば、ホームレスも少なくなることが分かります。現在、アベノミクスの影響で、建設業、飲食業などは人手不足が問題となっています。ひとりで多くの方が定職につくことができる世の中になってきているのではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

生活保護受給者の増加に比べて

こんにちは。mochiです。

相対値では半減ですが、絶対値で考えて、
生活保護受給者の増加と比べると、
未だにホームレスの方が多数いることに、
なんとも言えない気持ちになります。

ときおり、行政の支援がなく餓死してしまうような
痛ましい事件がニュースで流れたりしますが、
一旦、セーフティネットの網からこぼれてしまうと、
なかなか助けてもらえなくなってしまうのかもしれません。

ホームレスの方たちは、
住所不定はもちろん、身分も証明できない可能性も高く、
民間で雇ってもらうためには、
やはり行政の支援が必要不可欠だと感じます。

結局のところ、いざとなったらどうなってしまうか分からないので、
自分の身は自分で守りましょう。
ということなのかもしれません。

Re: 生活保護受給者の増加に比べて

コメントありがとうございます。

セーフティーネットの構築は重要ですが、
日本では仕組みが複雑すぎて、真に必要な人に
届いていない気がします。行政改革という言葉を
あまり耳にしなくなりましたが、まだまだ改革は
必要です。

寒さによる死に直結するホームレスの数が
減っているというのは行政や関連機関の努力も
ありますし、経済回復も大きな要因をしめるので、
このまま景気が良くなってほしいですね。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR