3ヶ月連続成績低迷 ひふみアカデミー

 ひふみ投信のひふみアカデミーに行ってきました。最近の成績は低迷しており、2、3、4月と3ヶ月連続でTOPIXを下回っています。どういう説明があるのか楽しみにしていました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 まず、冒頭、R&I最優秀ファンド賞の受賞報告。この賞はリスクとリターンの割合であるシャープレシオで量るもので、受賞自体はめでたいものです。ただ、個人投資家にとってはあまりなじみがないのも事実。セミナーではひふみのこれまでの年ごとの成績を説明しながら、リスクを抑えてリターンを得る運用をどう心がけているか報告がありました。

 面白かったのが東日本大震災直後の動き。大災害のあとは2日半程度は市場が下がるというこれまでの経験から、市場が再開した3月14日の月曜日早々に株を売ってキャッシュポジションを高めた後、水曜日の後場でいっきに資金を投入したところ、大きなリターンになったそうです。震災直後は、計画停電への不安から大阪移転も検討したそうで、こういう有事のときの対応をどうするかが重要だと思いました。

 さて、ここのところの成績不振の理由については、藤野CEOは「1月にマーケットに勝ちすぎた。あがったとき、もっと売るべきだったと反省している」と述べました。調子がよいと、このままどこまでも勝ちを広げていきたいという心理もあったでしょうし、弱気相場がここまで続いたという見通しの失敗もあったでしょう。ただ、1月に勝った分だけ、年初来のパフォーマンスはTOPIXにまだ勝っているそうです。

 ちなみに、3カ月連続でTOPIXに負けたことは過去4回あり、そのうち、2回は4カ月連続で負け、5カ月連続はないそう。今回は5月に挽回できるか、それともまだ負け続けるかどうなんでしょうか。

 なお、アナリストの方々からは、決算説明会での企業の業績予測が保守的過ぎるので、あがるきっかけがなかなかつかめない一方、上場企業の総還元額(配当+自社株買い)はリーマン前に戻る10兆円越えになるそう。それだけ、配当を増やすということは、内心では業績に自信がある企業が多いということいえるかもしれません。

 投資先の個別企業では2社ほど面白そうな話をあげていました。それが株価に反映して好成績につながるか、受益者としては楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR