FC2ブログ

グローバル投資の視点

 野村證券のサテライトセミナー「グローバル投資の視点」に行ってきました。毎月1回、野村證券のエコノミストが経済環境を説明するものを収録、ビデオで流すものです。今回は、ウクライナ問題や中国の金融問題、それに日本の消費増税なども順調に推移しており、大きなトピックはなかった印象でした。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 国別でいうと、アメリカは今冬の異常寒波を脱してからは堅調に推移しており、今後も3%強の成長率が安定して見込めそうです。ユーロ圏は今秋に金融機関のストレステストの結果がわかりますから、それまでは量的緩和などの大きな動きはなさそう。ウクライナ問題はロシア経済が減速の見込みで、これ以上西側と悪化する可能性は低そうですし、中国も住宅価格は調整傾向が強まっていますが、金融市場は安定を維持しています。これらのことから、当面、外部要因で大きなリスクはあまりなさそう。

 一方、国内も、消費増税を乗り越え成長が継続する見込みで、増税後の買い控えも大勢に影響は与えなさそう。機械受注見通しは外需が大幅に伸びており、企業業績も引き続き順調にいきそうです。

 今月は成長戦略が策定されます。注目点としては(1)法人税引き下げ(2)GPIFの見直し(3)雇用改革(4)混合医療の適用拡大(5)農産物輸出の拡大(6)TPPなどがあります。安倍内閣がどこまで既得権益や省益に切り込めるかが課題となりそうです。これを乗り切れば、企業業績から考えると年末に一段の上げが期待できるかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR