父さん怒る これが大企業のホンネ?

 14日の日経新聞夕刊にすさまじい記事が載っていました。 子育て社員甘やかさず 「制度使う以上仕事で貢献を」

 記事によると、長引く不況のなか、「子育て中だからといって甘やかしはしない」企業が増えているそうです。三井住友銀行は研修で育休で人員が減り困る上司の話を紹介し、「働く覚悟はできていますか」と迫るそうだとか。そして、頭取は「(仕事と育児の)両立は大変だと思うが、甘えを払拭し、プロ意識を持って働き続けてほしい」と日経新聞に答えています。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



 記事に登場するコンサルタントもピント外れと思えるようなコメント。「海外よりも日本の支援策は手厚い。グローバル化している状況で国際競争力を維持できるのか」と言っています。

 は? 育児支援が問題なく行われるのは公務員と一部の大企業なのではありませんか? それ以外の企業で育児支援策が充実しているところがどれだけありますか? 少子高齢化が日本の最大の問題といってもいいのに、大企業、及びそれの広報機関たる日経が、目先の金に目をくらみ、日本の改革の足を引っ張ろうとする。タイトルからして、子育てに否定的ですね。

 記事では、米国は男性の家事参加が進んでいるとかいっているけど、米国では移民も多いことから、ナニー(子守)を安く簡単に雇えるからでしょう。日本の男性労働者が、家事参加できるくらい早く帰れますか? IMFのラガルド専務理事が、日本に女性の労働参加を訴えたのはつい先月なのに、日経新聞や日本の大企業のホンネがここまであからさまにでているとは。子どもを持つ父親として、働く母親の苦労を目の当たりにしているだけに、こういう記事は本当に腹が立ちます。(怒)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR