FC2ブログ

インデックスなのに信用できない

 日経新聞にびっくりする記事が載っていました。日経平均のインデックスファンド60本を調べると、過去1年の運用成績でトップと最下位の間でなんと2%以上の差がついていたというのです。インデックスファンドって市場に連動するのでは?しかも、トラッキングエラーの起きやすい海外マイナー国のインデックスではなく、日本人にとって最もメジャーな日経平均なのに。



 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 たかが2%と侮るなかれ。日経平均の過去20年のリターンは-1.8%ですから、同じインデックスでも20年でマイナスになるものとプラスになるものができてしまうということです。アクティブでは何があたるかわからない。だから、市場平均のインデックスに投資するのがインデックス投資家のはずなのに、まさか、その信用を裏切るファンドがあったとは。



 主な理由はコストです。実は同じインデックスファンドなのに、コストは0.3%~1%と大きく違います。しかも、これは信託報酬だけなので、実質コストはもっと多くなります。そのコストとリターンは見事なまでに逆相関。コストが高いほど、リターンは低くなります。



 しかし、インデックスなのに信託報酬が1%というのは高すぎる気がします。例えば、ひふみ投信などは長期投資(10年)すれば、信託報酬は0.6584%まで下がるわけですから、インデックスがアクティブよりも高いというのは、どういうことよ、と突っ込みたくなります。とにかく、コストがいかに重要かということがよくわかります。



 投信実力点検というこの連載。ネットでは有料会員しかみられないのですが、なかなか読み応えのある企画です。今回はインデックス投資ナイトの様子も紹介されていました。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR