タンス預金は泥棒の勧め

 日経新聞によると知人にタンス預金を勧めたうえ、自宅に侵入して現金約2350万円を盗んだとして、警視庁はコンサルティング会社経営の男と社員の2人を逮捕したそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 経営者の男は被害者に「銀行は金利が低い。タンス預金にしたほうが運用しやすい」と勧めており、男性のカギを盗み出した上、泥棒に入ったとか。被害者は34歳なのに2350万円も貯めていたというのは立派ですが、金融に関する基本的な知識がなかったということでしょうか。被害者にお金が戻ってくればいいけれど、事件は半年前なので、もう使い込まれているかもしれません。

 数年前に、佐賀県で庭に穴を掘り、3億円を埋めたところ盗まれてしまったという事件がありました。http://www1.saga-s.co.jp/news/saga.0.1164888.article.html この被害者は80歳代の方ですが、老後のために貯めた資金を「銀行は金利が低いから手元においておくほうがいい」と考え、埋めていたそうです。かわいそうに、事件から2ヵ月後に、この男性は亡くなられました。この事件の犯人が捕まったという記事は読んだ記憶はないのですが、犯人が自首しないかぎり、捜査は難しそうですね。

 僕は、タンス預金というのはまったく意味がないと思っています。まず、税務署の目を盗むためというのは犯罪だから論外。むしろ、このような事件にあったり、あるいは火災などで焼失する危険があるわけです。地震などのために、手元に現金があったほうがいいという考えもありますが、せいぜい数万円でいいのではないでしょうか。

 預金が金利が低いけど、損をしたくないというのならば、個人向け国債を買うなり、MMFやMRFを購入すればいいのです。そもそも、タンス預金は利息がつかないわけですから、預金の金利が低いという理由は、論理が破綻している気がするのですが…

 学生時代、貧乏な学生寮に泥棒が入って、友人がバイトで貯めた有り金数万円を盗まれたこともあり、泥棒というのは、いつ、どこにでも現れるものだと思っています。そのため、我が家には余計な現金は一切無いようにしており、財布の中にある数千円~1万円が現金としては全財産。皆さんのお宅はどうでしょうか。

 なお、本文とは関係ありませんが、スパムコメントがひどいので、コメントを承認制としました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR