FC2ブログ

大金持ちの脱税は許さん

 朝日新聞によると、国税庁は、富裕層の中でもより資産がある人たちの投資活動をチェックし、脱税や税逃れを監視するプロジェクトチームを作ったそうです。数十億円規模の資産を持ち、積極的な投資をしている人が対象とみられるそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 外国の金融機関への送金状況や、低税率の国に移住する節税策の実態把握と効果的な税務調査を検討するとのこと。OECDでは今年2月、加盟国間で口座情報を共有する仕組みづくりで合意していており、それを活用できるようにしたとか。国際的に課税逃れには厳しくなっており、例えば、オーストラリア税務当局が入手した、ケイマン諸島などのペーパーカンパニーの所有者リストのうち日本人分が国税庁に提供されるなど、各国の連携も厳しくなっています。

 日本人富裕層に人気の香港やシンガポールはOECDに加盟していないものの、オブザーバーとして参加しています。また、国税庁ではシンガポールに職員を派遣しており、シンガポールの税務当局に情報提供を要請できるようにしています。こうしたなか、専門チームができることにより、課税強化への動きはますます強められるでしょう。

 ちなみに、富裕層に対しては2013年6月までの1年間で約4000件の調査が行われ、総額100億円以上の所得税が追徴課税されているそうです。香港に住民票を移した人に対して、日本が生活の本拠だとして、約10億円の申告漏れを指摘した事例があるとか。

 日本ではサラリーマンが源泉徴収でほぼ完璧に税収を把握されているうえ、消費増税で多くの国民への酷税感が強まる中、富裕層を摘発することで、少しは国民感情を落ち着ける効果があるでしょう。資産フライトを狙う富裕層に対して一罰百戒の意味もありますし。

 仮に、国籍を移すなどした場合も、5年10年のスパンでみたときに、果たして効果があるのかどうか。スイスのように、過去100年以上も守っていた銀行の守秘義務をアメリカの要請でやめてしまった国もあるわけですから。

 僕自身、日本のおかげでこれまで豊かな暮らしを享受できたわけですから、日本を捨てたり、脱税するというのは、重罪だと思っていますので、国税庁の動きに期待しています。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近は海外ファンドや海外FX絡みの申告漏れが多発していて、それがきっかけで海外資産5000万円以上の人はそれを確定申告をしなくてはならない規定が作られました。

この際だから安愚楽ハムのユーザー全てを税務調査した方が一網打尽に申告漏れが見つかるかも知れません。
ただ、数十億円以上の資産家なのかは分かりませんが・・・

Re: No title

コメントありがとうございます。

 マイナンバー制度ができれば、税務当局もより把握しやすくなるのでしょうね。問題あるファンドはユーザーよりも運営者側が儲けているでしょうし、刑事事件になれば、資料が押収されるでしょうから、そのへんは、税務当局も調査しやすいかもしれません。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR