地球は助かっても経済は破滅?

 産経新聞によると地球の磁場が予測の10倍以上のスピードで弱まっていることが、欧州宇宙機関(ESA)の調査で判明したそうです。 なんと10年で5%のペースで減っているとか。このままでは、200年後には地球の磁場がなくなってしまいそうです。西半球の上空にはすでに、磁場が弱いスポットができ始めているそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 これはN極とS極の反転が起こるせい。生物にとって幸いなことですが、磁極の反転には数百年、あるいは1000年はかかると見られ、過去も数万年~数十万年の間隔で磁極の反転でがおきています。したがって、地球の滅亡や人類が滅びるといった事態は避けられそう。

 でも、経済はどうなるのか。まず、電力網と通信ネットワークが現在のものは仕えなくなります。当然、コンピューターも使えないし、食物を冷蔵することもできない。19世紀の生活をしなければならなくなり、経済は壊滅的な被害を受けるでしょう。

 まあ、200年後には僕も僕の子供も生きていないでしょうから、そんなに心配する必要はないのかもしれませんが、これも、医学の発展で平均年齢150歳とかになると、孫はもろに影響しそう。。。

 幸い、磁極の反転に時間がかかるから、その間に新たなネットワークを構築する時間があれば、膨大な投資が必要となります。これは経済にとってプラスになるのか、生存をかけた戦いになります。経済投資が人類の命運を握る。なんか、SF映画みたいな話になってきましたね。  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR