日経新聞は意外と正しい

 いつも日経新聞をはじめ、メディアの記事に突っ込みを入れている当ブログですが、ブルームバーグによると、日経新聞の経済予測は、経済の専門家であるアナリストを上回っているそうです。日経新聞の記事というと、ネット投資家からは「また日経か」みたいな声もあがりますが、統計的に見ると、意外と正しいみたいですね。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 ブルームバーグの記事によると、日経新聞が最近業績の予想記事を書いた45社のうち、82%にあたる37社が妥当な結果でした。しかも、会社側が示していた計画値よりも84%の企業で、より実績に近いか、もしくは同じだったそう。つまり、自社の予測だとバイアスや、下方修正を避けたいから控えめに発表するといったことがありがちですが、客観的な報道機関である日経新聞だと、そうならないということを意味しています。

 ちなみに、経済予測だけで給料をもらっているはずのアナリストの予想数字が会社側計画よりも実績に近かった比率は61%で、日経新聞をかなり下回りました。例えば、トヨタ、NTTドコモといった日本を代表する企業の営業利益について、アナリストよりも正確な数字を予想していました。

 香港の投資家によると、特定のメディアがこうした業績予想することは他のマーケットではないそうです。ウォールストリートジャーナルやブルームバーグも、アメリカでやっている気がしますが、違うんでしょうかね。

 短期的な投資をするならば日経というのはチェックしなければならないのかなというのが正直なところ。でも、長期投資家にとってはどうでしょうか。僕は現在短期投資はやっていないので、日経は自宅では購読しておらず、ネットの無料会員登録をして、好きな記事をたまにながめる程度です。会社で日経はとっていますので、どうしても気になるものは会社で読みようにはしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR