僕が外債に投資するわけ

 SBI証券でやっているSMTのキャンペーン(8万円×3カ月購入で1500ポイント)に伴い、SMT先進国債券インデックス2万円、新興国債券インデックス6万円を積み立て購入しました。リバランスもかねて、目標アセットアロケーションに比べて割合が低くなっている外債のインデックスを積み立てることにしました。ところで、インデックス投資家は、外債を積み立てている人はあまりいないようにみえます。山崎元さんや水瀬ケンイチさんが、外債不要論の代表的なところでしょうか。では、なぜ僕は外債を積み立てるのか

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 外債不要論について、水瀬さんが最近分かりやすくまとめていました

・長期的には購買力平価が強力で外国債券の期待リターンは国内債券と同じ

・外国債券は期待リターンが低い割りにリスクが高い

・為替リスクをとるなら株式で。

 購買力平価は経済学の理論で、僕の理解では長期的には同じサービスは国が違っても同じ価格になります。今、高金利の国の通貨でもインフレで通貨安となって、円高になるため、長期的には外国の債券と日本の債券の期待リターンは一緒というものです。

 それにもかかわらず、僕が外国債券を購入する理由は次の2点です。理論と違って現実的には購買力平価はそれほど強くないのではと思っていることと、同じ為替リスクをとるにしても、株式と債券両方投資すれば分散効果があるのではということです。

 過去20年のアセット別のリターンをみてみましょう。myindexによると新興国債券は年率11.5%、先進国債券は6.7%、日本国債券は2.8%、新興国株式6.5%、先進国株式9.2%、日本国株式0.3%となっています。20年というと、結構長期だと思うのですが、新興国債券がもっともリターンが良く、日本国債券とは大きく差がついています。また、高金利の代表格であるブラジル・レアルですが、過去10年でみると円安になっているのです(2004年は30円台後半、現在は45円~46円)。

 なぜ、こんなことがおきるのか。シティバンクの「通貨投資戦略」という本によると、以前は外国為替取引は実需だったので、購買力平価が強力だったが、ここ10年ほどは投機筋のほうが多く、購買力平価が弱まっているという説を出しています。確かに新興国には日本の資金が大量に流れ込んでおり、通貨安につながっています。もちろん、過去の成績で将来が既定されるわけないですから、購買力平価が強くて、この後、大幅な円高になるかもしれません。ただし、1ドル=80円前後の円高だった2011年でも、新興国債券のリターンが一番良かったのですよね。また、リスクについても、新興国株式は26.1%なのに対して新興国債券は16.9%で、高いとはいえ、分散効果が期待されます。

 とはいえ、あくまでも外債はサテライトとして利用しており、新興国、先進国債券ともに10%にすぎません。また、以前は高金利につらて、単独の通貨で購入していましたが、今はインデックスで購入しております。

 これはインデックス投資界においてはマイナーな意見ですので、僕も片隅でひっそりと行っています。投資はあくまで自己責任でどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何とも言い難いのですが私は外債不要論で運用はしていません。ただ夢見る父さんのいうように分散効果として若干は期待できるのかな?と思うことがあります。とはいえ、たぶん運用はしないと思うな。^^

No title

私も同じ意見ですね。
更に、現状の低い低金利だと国内債券限定にするのは、
若干怖さがありますし。

http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-2494.html
上記のデータを見る限り国債以外に、
外国債券ヘッジ付きや新興国債券の損の割合はかなり低いですし、
同じ株式カテゴリとは異なる動きですので、
分散効果もあると思って外国債券に投資しています。

Re: No title

クロスパールさんこんにちは。

投資は自分の納得するものに行うべきですから、外債不要論だったら、しなくても全然OKではないでしょうか。
僕自身、投資割合も低いですし、将来、考えが違ったら柔軟に対応していくつもりです。

Re: No title

garboflashさんこんにちは。
同意見とは心強いですね。

山崎元さんは、著書で外国債券は「どこの通貨がいいか事前にわからない。
分散投資ができず、個別債券の投資判断は専門的で難しい。証券会社に
実質的手数料を取引価格に含まれる形でとられる」と欠点を指摘しています。

けれども、ETFやインデックス投信だったら、これらの欠点も克服できるので
ありなのかなと考えています。

外債の捉え方

古い記事への書き込み失礼します。
確かにマイインデックスとかで過去20年のデータ見ると外債の購買力平価はそこまででもない?もしかしたら100年とか50年スパンで働くのかな?とも思えます。
私は違う意味で外債への分散を試みてます。
マイインデックスでのデータも理由の1つですけど、国内債券もある意味リスクある?と思えるんです。
日本の赤字はギリシャ以上だし、少子化の進行で労働力の低下、GDP低下も充分あり得ますし、デフォルトしないまでも長期金利の急上昇からくる国内債券暴落はあり得ると思うんですよね。。。
だからこそサテライト的なごく一部は外債に振るのは有りだと自分も思います。

外債不要論がメインの中、実行するのはかなり怖いですけど 汗

Re: 外債の捉え方

コメントありがとうございます。

従来無リスク資産とされていた国債も、リスク資産としての検討が国際的に行われており、
日本の巨額の財政赤字を考えると、黒田総裁自身も日本国債がリスクになりうると発言したことが
報道されていました。

ご指摘のとおり、その観点からも外債のサテライト投資はありだと思います。
サテライトだし、インデックスで先進国なり新興国の債券に投資すれば0になる可能性は
きわめて低いでしょうからね
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR