FC2ブログ

母の毎月分配型を売却した

 帰省すると、母親の投資相談に乗っています。僕の意見に賛成してくれることが多いのですが、毎月分配型ファンドだけは、「証券会社の人がこれは良いですね」と言ってくれたといって売却してくれませんでした。しかし、このたび、とうとう売却に同意してもらいました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 このファンドは「UBSグローバル公共インフラ債券」(レアルコース)です。毎月分配型+通貨選択型ということで、実質コストが1.75%、販売手数料が3.24%、信託財産留保額が0.3%と、証券会社にとってはおいしい商品です。分配金は今年2月から引き下げられましたが、毎月70円はあります。基準価額は7800円ぐらい。2年ほど前に7000円台前半で購入しており、含み益はあります。

 チャートをみると、昨年8月の6895円が最安値なので、若干持ち直しております。しかし、昨年5月には9000円を超えていたので、債券のようにリスク(ぶれ)が少なそうにみえても、3ヶ月で25%も下落するんですよね。母はそもそも分配金を利子のように思っており、商品のリスク(危険)について、理解をしておりませんでした。そこで、僕が「今は円安だからいいけれど、ブラジルの通貨が円高になると損をする。ブラジルレアルのレートなんてチェックしていないでしょう。また、ブラジル経済が悪くなって、先進国からの資金が引き上げられても、円高になるよ」と説明して、利益が出ているうちにようやく売却に納得してくれました。

 ちなみに、購入してからの分配金額は2500円ぐらいになるでしょうから、両方あわせると良い儲けなのですよね。たぶん、2年間で30~40%のリターンではないでしょうか。だから、購入した時期が良かっただけなのに、実際に儲けているから、このファンドは良いファンドだと思い込み、毎月分配金ファンドの欠点をなかなか理解されないわけですし、年金以外収入がないと、毎月、お金が入ってこないのは不安みたい。

 売却後は本人の希望もいれ、半分はMRFで生活資金に、残りの半分で三菱UFJフィナンシャルグループの株を買いました。メガバンクはまずつぶれることがないだろうし、PERが9倍を割っており、配当利回りも良い(2.67%)のが主な理由です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR