FC2ブログ

ひふみの新人女性アナリストを見に行った

 ひふみ投信のひふみセミナーは、割と出席しているですが、今月はぜひとも参加したかった。なにしろひふみがアナリストに川崎さつきさんという女性を採用してお披露目をするというのです。万難を排してセミナーに出席しました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 川崎さんは外資系証券会社で食品などのアナリストとして活躍されていたかた。大きな目と紺色のスーツで、いかにもできる格好良い女性という雰囲気をかもし出していました。運用責任者の藤野さんがおこなっているふっしーごはんというイベントで意気投合してスカウトされました。ふっしーご飯は藤野さんと昼食を食べる会ですが、参加希望者が多くて10倍ぐらいの倍率があります。そこで当選してレオスに入るというのは、何かしら運命みたいなものがあるのかもしれません。

 この日はあいさつだけでしたが、やがて、これまでのひふみにないようなユニークな分析をセミナーで説明されることを期待しています。ひふみは個人投資家として有名な片山五月さんが運用メンバーから抜けて、顧問になったばかり。五月が抜けてさつきが入ったのか、というところも、面白いですね。

 さて、ひふみ投信は最高値を更新するなど絶好調。しかし、藤野さんは日本経済の先行きをそれほど楽観視していないようでした。消費増税の影響が思ったよりあるということ。藤野さん自身は出張先でホテルが取れなかったり、新幹線が込んでいるのをみて、消費が堅調だと思っていたのに、なぜ指標が悪いのか分析しました。

 それによると、日本人は「動く人」と「動かない人」に分かれており、動かない人が9割ぐらいを占めるというのです。

 動く人は好奇心旺盛で、投資も行い、行動的ですが、動かない人は巣篭りして、将来を悲観しています。日本の将来が暗いから、できるだけお金を使わず貯金しようというマインドになってしまう。動く人がいくら消費しても少数派だから、日本全体でみると、指標は悪くなるわけです。そのため、投資対象としても、動かない人でも絶対に使わざるを得ない企業や、動く人向けの企業が狙い目ということでした。

 僕自身は動かなくて、倹約志向だけど投資を行うという矛盾した存在ですが、一般的に言って動かないではなくて、動けないのだと思います。だって、実質所得がどんどん減っているのですから。藤野さんは僕より年上ですが、彼らの世代に比べて今の世代は平均年収が200万円近く減っているわけです。そこで、動けというのも、よほどの能力か意思がないと難しい。だから、消費税というのは家庭を豊かにしようという方向に行きかけたときに急ブレーキをかけたという意味で本当に愚策だと思います。

   もう一つ面白かったのが、EC(電子商取引)はそろそろ限界ではないか、という話。楽天、アマゾンなどEC業界は一見、絶好調ですが、日本の商業の3%ぐらいしかシェアはありません。ちょっと前までは10%ぐらいまですぐに拡大すると見られていましたが、流通がボトルネックになっています。運転手がいないうえ高齢化している。だから、アマゾンの無人飛行機ドローンのようなよほどの技術革新が無い限り、そろそろ頭打ちではないかという見方でした。言われてみれば納得できますね。果たしてどうなるのか興味深く聞きました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR