FC2ブログ

野田前総理よ、どの口がいうの?

 野田佳彦前総理大臣が、ブログで「アベノミクスへの懸念」という文章を発表しています。 しかし、読んだところ突っ込みどころが多すぎ。消費増税を決めた張本人なのに、経済指標の悪い責任を安倍さんにだけ押し付け、どの口がいうのか聞いてみたいです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 野田さんのブログでは「世の中は消費税の景気への影響ばかりを気にしていますが、その以前からアベノミクスの期待値が剥がれ始めているのでは」と指摘しています。そして、その根拠として、(1)輸入燃料価格の上昇など国民生活への悪影響だけが目立つ(2)賃上げや雇用の改善がされていない、として、投資家だけを豊かにし、他の者を置き去りにすると結論づけています。本当にそうでしょうか。

 まず、アベノミクスは民主党の経済政策により円高デフレが続き、国民が塗炭の苦しみを味わっていたから、それの対応をしようというものです。円安にしても、生産拠点を海外に移した企業が多く、輸出の伸びが遅れているとしますが、空洞化の大きな要因は円高デフレですよね。また、輸入燃料については、原発問題を避けて通れません。そのへんはだんまりですか。また、民主党時代に賃上げや雇用の改善はされてましたか?円高デフレで経済が成長しないと雇用が生まれず、低賃金のブラック企業にすら人手が集まることになるのでス。アベノミクスは、きちんと実行しようとしているではありませんか。

 野田さんのブログでは第3四半期のGDPが低かったら、アベノミクスへの期待が剥落するとありますけれど、それは消費増税の影響が一番多いわけです。名目給与は増えても、消費税のために実質給与は減っています。また、駆け込み需要の反動もあるわけです。このままでは消費増税が景気の腰を折る懸念もあります。しかも、低い数値は想定内とおっしゃっていますが、事前にどのくらい想定したのか明かさないのはフェアでないのは。

 消費増税を決断したのは安倍首相であるけれど、3党合意など積極的に推し進めたのは野田前総理の時代です。だから、消費増税の影響をできるだけ隠してアベノミクスが投資家優遇などというフレーズでごまかそうとしている。例えば、株高で年金の運用益は大幅にアップしました。投資家だけでなく全国民がその恩恵をこうむるのです。さらに、安倍政権は日本版スチュワードシップコードといって、機関投資家が投資をする際に、責任ある行動を呼びかけています。そもそも投資家は一般国民と別次元の金持ちばかりという考え方はマルクス時代のものではないでしょうか。

 民主党政権の総理は宇宙人の鳩山さん、消費増税を吹き込まれて公約をおかしくした菅さんと3代続けて失政で、国民から批判されたわけでしょう。野田さんはそのことを理解していないのでは。もし、民主党が消費増税を退け、金融緩和政策をとっていれば、まだ、政権に残れずとも、ここまで議席を減らすことはなかったのではないかとすら思ってしまいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR