FC2ブログ

スコットランド独立で負け組みは?

 知らない間に、スコットランドがイギリスから独立する可能性が高くなっているそうです。18日に国民投票が予定されていますが、直近の世論調査では独立派が優勢というものも出ているそうで。キャメロン首相が急遽現地入りして、説得にあたるなど大騒ぎになっています。もし独立すると、スコッチウイスキーはどうなるのかななんて思っていましたが、結構、世界経済に悪影響を与えそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 そもそもイギリスは、イングランド、スコットランド、ウエールズ、アイルランドの連合王国です。正式名称はグレートブリテン及び北アイルランド連合王国ですから。スコットランドの経済はそれほどたいしたことが無く、イギリス政府からの財政支援に頼っており、GDPもイギリス全体の8%しか占めません。しかし、北海油田の大部分がスコットランドにあります。また、海軍基地などもあり、軍隊がどのようになるのかも不明です。こうしたことから、ポンドは一時急落しました。世論調査で独立派が減ると戻していますが、当日まで不透明な状況が続きます。

 通貨はどうなるか。スコットランド独立派はポンドの使用を希望していますが、イギリスのオズボーン財務相は独立の場合、ポンドを使わせないといっており、そうなるとスコットランドの経済にも悪影響を与えます。下手すれば金融機関の取り付け騒ぎが起こるかも知れません。

 ブルームバーグによると、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ、ジョン・ウッド・グループなど、スコットランド企業は打撃を受けそう。クレディ・スイスは、こうしたスコットランドの負け組み企業20社による指数を算出したとか。スコットランドが独立することになれば、「深いリセッション(景気後退)」と長期に及ぶ政治混乱に見舞われると分析しています。

   このため、大手保険会社のスタンダード・ライフはスコットランド独立多数なら本社機能をスコットランドからイングランドに移転すると発表しています。保険をイングランドの人が利用している場合、独立派が勝利した場合の通貨、税制、規制などが不透明なためだとか。

 もし、スコットランドが独立した場合、ウエールズと北アイルランドはどうなるのかとか、スペインのバスク地方やカタルーニャ地方に飛び火するのではないかなど、問題が拡散する可能性もあります。先進国のなかでも、ヨーロッパ経済の先行きが一番おぼつきませんでしたが、これでは、ヨーロッパ発の経済混乱が巻き起こるかもしれません。

 日本は最近、円安株高に沸いていますけれど、思わぬところに地政学的なリスクがあるということを肝に銘じたいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR