ニューヨークタイムズよりすごい明大のセンセイ

 ニューヨークタイムズが、日本の消費再増税に反対する社説を掲載しました。 4~6月期のGDPの落ち込みを踏まえ、日本経済への悪影響を心配して、消費税率10%への再引き上げを「延期すべきだ」としています。僕もその通りだと思います。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ

 一方、国内では内閣府の政策コメンテーター委員会というものが開かれました。いわゆる有識者と呼ばれる方々の意見を聴取するもの。56人の有識者からは、予定通りの増税を求める意見が多く出たそうです。

 しかも、景気の現状が改善しているとしたのは、全体の57%の32人。いやはや財務省のパワーというのは恐ろしいですね。普通に統計をみると、ここ最近出てくる数字は悪いものばかりで、良い数字というのはないのですけれど。例えば内閣府が12日に発表した「消費税率後の消費動向」 では、9月1週の新車販売台数、家電売り上げ額、スーパーの売り上げはいずれも前年比マイナスとなっています。6月までは駆け込み需要の反動があるけれど、夏場に回復すると有識者の方々はいってましたが、9月1週になってもこういう状態ですよ。

 一番笑ってしまったのが、加藤久和明治大教授が、消費増税を引き上げないと「政府全体の信頼を揺るがせる」と話したことです。私は加藤さんの影響力がどれほどか分かりませんが、ニューヨークタイムズよりも、影響がある方なのでしょうか(笑)。むしろ、アメリカの意見の代表格が消費増税を延期しろといっているのに、どこが政府全体の信頼を揺るがせるのかが理解できません。これまで増税の旗を振ってきた、財務省、マスコミ、有識者の信頼を揺るがすのなら分かるのですが。

 安倍首相の英断を期待しています。

コメントの投稿

非公開コメント

財務省の増税キャンペーンはすごいですね

こんにちは。夢見る父さん。

政府・マスコミ・有識者?を巻き込んだ
財務省の増税キャンペーンはすごいですね。
黒いものも真っ白になってしまいます。

教授先生としては、
消費税を引き上げないと、
「自分への信頼が揺らいじゃう」なんだと思いますよ。

う~ん。この人たちウラでいくら握らされたんだろう?
なんてことを、勘繰ってしまいます。

Re: 財務省の増税キャンペーンはすごいですね

コメントありがとうございます。

本当に黒いものも真っ白になりそうで怖い。
政府内からは財政出動の声が上がっていますが、
消費税が上がっても、財政出動で公共予算をばら撒けば
政府の財政赤字解消にはまったくならないのですが、
偉い人が何を考えているのかわかりません。

こうなったら、やはり国際分散投資で
日本がだめでも世界に救ってもらうしかないのかと
思っています
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR