FC2ブログ

若いうちは投資はほどほどか

 セゾン投信の中野社長が「20代のうちにこそ始めたいお金のこと」という新著を出しました。最近は若い人向けの類書が多いですけれど、運用の現場の最前線にいる中野社長だけに、若い人の為になる本になっています。

 長期投資をとりあえずはじめよう、若い人には時間という長所があるといったところは当然といえば当然ですが、気がつかないとそのまま、年をとってしまいます。良心的だなと思ったのは、若いうちは長期投資への積立は月5000円でいいから、「仕事にとことん投資せよ」と訴えていること。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



 現在のサラリーマンの平均年収は400万円強ですが、投資だけでこれだけの金額を稼ごうとすると、5%で回しても、8000万円の資金が必要になります。大半の人にとっては、投資にコストをさくよりも、仕事での収入を増やす方が、簡単だし、収入増も大きい。とくに、若いうちは仕事に徹底的に打ち込まないと、その後に大きく影響してしまいます。

 さて、これは父さんの個人的経験ですが、若いうちは勉学ではない、遊びなり浪費と思えるようなことにも、ある程度お金を使うべきだと思います。これは中年にならないとなかなかわからないことなのですが、人間の能力というのは20代がピークです。体力、知識欲、性欲、食欲、いずれもピークの時に使わないともったいない。

 例えば新しいガジェットは若いうちでないと使いこなすのには努力が必要だし、異性へのアピールも若いうちのほうが簡単です。体が動くうちにスポーツや旅行をしたほうがいいし、味覚や食欲が落ちてからはおいしいものを食べても味気ない。収入は時間という若者の長所で補うことはできますが、時間はどんなことがあっても巻き戻せません。

 もちろん、すべての額を浪費するのは論外で、長期投資のことをしるということが、これからの若者にとって重要なこと。でも、それを踏まえたうえで、消費活動をしてほしい。娘が20代になったとき、こういうことを話し合えればいいなあ、と思います。

20代のうちにこそ始めたいお金のこと20代のうちにこそ始めたいお金のこと
(2012/10/18)
中野晴啓

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR