FC2ブログ

日銀に敗れたヘッジファンド

 日経新聞によると、アメリカの大手ヘッジファンドのローンスター・キャピタルマネジメントが閉鎖に追い込まれ、その原因は日銀の追加緩和だそうです。よく、ヘッジファンドが日本国債を暴落させるなんて話が流れていますが、実際には日銀には逆らえないということでしょうか。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 ヘッジファンドについては、アメリカ最大の年金基金カルパースが投資対象から外すと決め、大きな影響を与えています。また、9月から10月にかけて、アメリカのQE3終了や利上げ時期をめぐって思惑が飛び交った上、原油価格の下落などボラティリティの激しい相場になったため、ローンスターのように打撃を受けたヘッジファンドもあるみたいです。

 そうしたなか、予想外の追加緩和がこのファンドに引導を渡したのでした。このファンドの年初来リターンは10月末時点でなんと、マイナス2.4%。インデックスメインの僕でもプラスの収益なのに、なんともはや。もともとヘッジファンドは高コストのため、インデックスに負けたら顧客も怒るでしょうしね。記事では、日本株をショートしていたのか、日本国債をショートしていたのか書かれていませんが、どちらだったのでしょうか。

 日本売りでは、何年も前から日本国債は破綻するといい続けているカイル・バスさんのヘッジファンド「ヘイマン・キャピタル・マネジメント」も有名です。バスさんは2011年のインタビューで、12ヶ月以内に日本は倒産すると断言していますが、そうならないですね。ずいぶん損失がでているのでは 。

 もちろん、日本の財政赤字は問題なので、バスさんの予言が当たるときが来るのかもしれません。でも、ここまでは日銀がヘッジファンドに勝ち続けており、国策に逆らってはいけないという投資家の原則は正しいと思わせてくれます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR