GDP、7~9月期もマイナスで株価下げ下げ

 内閣府が発表した7~9月期のGDP速報値は、前期比0.4%減、年率換算で1.6%減と2四半期連続のマイナスになりました。市場予測の中心は2.0%増だったため、ネガティブサプライズで日経平均は大きく下げ、1万7000円割れ。解散総選挙の可能性が大幅に高まりました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 消費増税で消費意欲がしぼみ、それが家計消費だけでなく、在庫つみまし、設備投資までいくだろうというのは、小学生でも判りそうだと思うのですが、多くのエコノミストたちは、消費増税のほうが日本経済にプラスといっていました。4~6月期は反動減があるものの、7~9月期はV字回復なんていい、ネット上のテレビキャプチャ画像によると、みずほ総研の高田創チーフエコノミストは4,7%増、野村證券の木下智夫チーフエコノミストは3.6%増、大和総研の熊谷亮丸チーフエコノミストは3.1%増と大きく外していました。

 そもそも、7、8月の数字が悪かったとき、台風や大雨のせいにしていたのですから、証券会社やシンクタンクの予想がいかにあてにならないのかよくわかります。マスコミも同様で、東京新聞を除くすべての新聞、テレビは増税推進派だったのに、口をぬぐってますね。だから、マスコミに対する不信感は増えるのだと思います。

 もっとも、ロイターによると増税論者は17日になっても、政府の有識者ヒアリングで、「天候不順など一時的な要因も多い。消費再増税の判断を左右するレベルではない」(SMBC日興証券の末澤豪謙・金融財政アナリスト)などといっているようですから、GDPが2期連続でマイナスになったら景気後退ということをご存知内容です。それで僕よりもはるかに高い給料をもらっているのだからうらやましい限り。

 それはさておき、このまま日本経済が腰折れするのかどうかの瀬戸際にいっきにきてしまいました。経済対策が人手不足などで以前のような効果を挙げていない以上、もう、TPPをはじめとするアベノミクス第三の矢を強烈に推進するか、減税などの思い切った手段をしないとまずいのではないでしょうかね。このまま企業業績にも悪影響をあたえれば、再び株安、円高の時代に戻りかねません。

 総選挙になったら野党はアベノミクス失敗をいいたてるでしょうが、そうではなく、消費増税が失敗であり、民主党にも大きな責任があるということは忘れないようにしたいものです。本来だったら、郵政総選挙のように増税派と反増税派に分かれてくれれば一番いいのでしょうけど、そういう期待は薄いでしょうね。

 当面ボラティリティの激しい相場になるでしょうけど、こういうときこそ、長期分散投資だと肝に銘じて、市場に左右しないように心がけるつもりです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR