FC2ブログ

世界の株式市場は本格的に強気か

 GDPのマイナスで日経平均は大きく下落しましたが、ロイターのコラムニスト、アナトール・カレツキーさんが、世界の株価について、「長期的な強気相場に入る可能性が高い」という見方を示しました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 カレツキーさんは理由として、(1)金融危機が終了(2)世界全般で経済・財政政策が予見可能なものになった(3)技術革新が続いており、新商品、サービスの登場(4)先進国でインフレがほぼ消滅、の4点を挙げています。これらの結果、小規模な調整はあるものの、長期的には株高が続くとしています。

 そして、懸念材料は日欧の景気だったが、日銀の追加緩和とGPIF改革に加えて、消費増税が延期になりそうなため、日本は再び良好な経済環境になると分析。「消費税増税で芽生えた投資家の悲観論が消え去ったのは正しい」としました。

 消費増税論者は、増税は国際公約で増税しないと市場の信用が失墜し、大変なことになるといってましたけど、いざ、増税延期となりそうになると、世界のマーケットはむしろ歓迎しているのですよねえ。

 それはさておき、カレツキーさんの見立てどおりだと、目先の下げにあたふたしないで、長期投資こそが正しいということになります。もちろん、専門家の予想があてにならないのは百も承知ですが、この予想があたるといいですね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR