FC2ブログ

アベノミクスは金持ちだけのものでない

 不動産を除く金融資産保有額が1億円以上ある富裕層が2013年時点、全国で100万世帯を突破したことが野村総研の調査で分かりました。内訳は1億円以上5億円未満の富裕層が95.3万世帯、5億円以上の超富裕層が5.4万世帯となっています。前回の2011年の調査では81万世帯だったので、2年間で24%も増えたことになります。アベノミクスの恩恵がまず富裕層に来ており、庶民には関係ないという冷ややかな見方も流れています。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 データをみると、5000万円以上1億円未満の準富裕層も196万世帯→242万世帯と大きく増加。3000万円以上5000万円未満のアッパーマス層も254万世帯→264万世帯と増えているのに対して、3000万円未満のマス層も4048万世帯から4182万世帯と増えています。要は、総世帯数が増えたということですね。

 面白かったのは、割合でみると、超富裕層は0.099%から0.1%へと微増、富裕層も1.5%から1.8%と0.3%増えています。一番増えたのは準富裕層で5.3%が6%と0.7%増えてます。しかし、マス層は80.3%から79.7%と0.6%減り、アッパーマス層も12.7%から12.4%と0.3%減っています。つまり、株高によって、マス層、アッパーマス層がそれぞれ、上の階層にいったということが明らかになったのです。

 景気回復するとまず富裕層に恩恵がいき、順次、下層に伝わるというトリクルダウンが、しっかり実現しているということなんですよね。マス層の中でも、2年間の貯金だけでいきなりアッパーマス層にいくというよりも、投資でリスクをとった人が抜け出したと考えるのがリーズナブルでしょう。

 実際、僕自身も窓際サラリーマンでありながら、2012年に投資を本格的に始めたところ、アベノミクスの波に乗り、アッパーマス層へと上昇しました。倹約体質に改めて、収入をできるだけ投資に回してることもあり、金融資産は3年で3倍になっています。何もしないでもだれもが収入が増えた高度成長期はもう戻ってきません。リスクをとらなければリターンは得られないということを身にしみて実感しました。

<追記>ちなみにネットニュースでは「アベノミクスで恩恵を受けたのは…"富裕層"と"超富裕層"が100万世帯超える」(マイナビニュース)と、僕とは別の見方をしてるようです

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月々500円からでも幅広く分散されたポートフォリオに投資できる、ってなことをマスメディアは伝えてるかい? (今週のIE #147)

JUGEMテーマ:インターネット <今週のIE> このシリーズ、特に強く印象に残ったブログのエントリ Impressive Entries を週次で書き留めておく、というものです。 今週はこちらです。  

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このレポートを見ていて一番面白いなと思うのは、マーケットの分類の区分け。一番下がマス層として3000万円以下となっているところに、いつも笑ってしまいます。

それ以下の細かい分類をまったくするつもりなく、3000万円以下は最低の層である!と、調査としてそれで十分だ!みたいに読み取っている私は、かなりブラックなのかもしれません。

また、富裕層以上は、自分の代だけでどこまで増やせているんだろうとも思います。自分の代だけで超富裕層なんんて、5.4万世帯中どれくらいあるやら。そんなことも思っています。

Re: No title

3000万円貯めるだけでも、意識しないととても無理で、老後の資金がゼロという人も結構いるから
その点では違和感を感じるひともいつかも。でも、貯めようと思えば、年収300万円ぐらいの人でも
3000万円は貯まる金額かもしれません。

富裕層は増やすことよりも減らさないことに気をつけているという話を聞いたことがあります。
また、3億あれば5000万円ぐらいは超ハイリスク投資に使っても、残りは安全資産にあれば
問題ないわけでしょうし、金が増える人はどんどん増えていくのでしょうねえ。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR