BRICSから脱落するのは…

 今世紀に入って著しい発展が見込まれてきた新興国。その代表がをBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)でした。ところが、ブルームバーグによると、BRICsの名付け親の、ジム・オニール元ゴールドマンサックスチーフエコノミストが、低迷する経済を打開しなければ2010年代の終わりまでに脱落する国が出ていると予測しています。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 それは、ブラジルとロシアでした。中国経済は減速したとはいえ7%程度の成長が予想され、インドもモディノミクスの成功で5.5%成長なのに、ブラジルは1%に満たず、ロシアにいたっては、原油安と欧米の経済制裁のダブルパンチで、マイナス1.8%です。この結果、BRICsでも勝ち組、負け組みが明確化しました。

 ブラジルとロシアは資源国なので、原油安の影響は大きいですね。また、ブラジルのルセフ大統領やロシアのプーチン大統領の経済政策の評判もあまり聞きません。ロシアはウクライナ問題がなければ、まだよかったのかもしれませんが、かなり苦しい。一方、中国、インドとも内需の拡大が堅調に進んでいるようです。

 ちなみに、2カ国が脱落したら、何と呼ぶのか。オニール氏は単に「IC」と呼ぶかもしれないとのこと。ICだったら、ICチップとかでおなじみの言葉ですから、なんだか混同しちゃいそうですね。

 今年もアメリカ1強となりそうですが、新興国も発展していかないと世界経済はいびつになってしまう気がします。ブラジルとロシアはあと3年のうちに回復できるのでしょうか。  

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ロシアの場合、資源が高額だったころに産業をどのように育成してきたかが問われていると思います。

世界の好景気が落ち着いて伸びが鈍化するなら、資源の需要が減っていきますから。いかに次の産業を育成していくかが問題かと。

ドンパチするのは分かりやすいですけどね。特に敵を外に作ると一致団結しやすいというか。

あり得ない話ですが、千島列島や樺太を何十兆円で日本に売ってしまえばよい。そんなあり得ない妄想も、選択肢としてあるんじゃないかな~(いや、ありえませんね

No title

こんばんは。

この4か国の中ではパキスタンとドンパチやらない限り、
インドは今後も大丈夫そうですが・・
中国も色々とリスクが高そうです。

でも、新興国の下の区分のフロンティアの株式は、
新興国よりも更にダメージを受けてるんですよね。
アメリカこけたときどうなるのか?という印象です。

twitter始めたのでフォローさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。

Re: No title

煙々さん、いつもコメントありがとうございます。

本当かどうかしらないけれど、1990年代後半のロシア危機前後では、北方領土返還と経済交流のバーターが
話題になりました。ただ、今の日本経済をみると、自国で手一杯だから、とても、そんな資金は捻出できない
でしょうね。

Re: No title

garboflashさんコメントありがとうございます。

新興国はリスクがあるから、リターンが見込まれた感じもありますが
やはり、実際にリターンが低迷すると、がっかりしてしまいます。
インド経済は当面は安定的だと僕も思いますが、女性暴行事件の頻発を
みると、欧米が本格的に投資をするかというのも微妙ですし、リスクは
あるかと思います。

ツイッターフォローしました。そちらでもよろしくお願いします。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR