草なぎ君ドラマが面白い

 フジテレビ(関西テレビ)火曜日9時放送のドラマ、「銭の戦争」が面白い。もともと、この枠の草なぎ剛主演ドラマは、彼がいい人の役が定番だったのですが、本作では借金まみれで復讐を誓うというなかなかハードなストーリーになっています。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 あらすじを簡単にいうと、外資系証券会社のエリート証券マンだった白石富生(草なぎ剛)は、町工場の経営をしていた父の孝夫(志賀廣太郎)が巨額の借金を残して自殺たため、自らも借金を背負うことになり、会社は首になり、婚約も破棄される。一度はホームレスになった彼だが、自分を苦しめた金貸し業の弟子になり、というもの。

 ドラマだから大げさな部分はもちろんあります。けれども、現実にもありえるとおもったのが、父親の連帯保証人をしていたため、何千万円もの金を返さなければならなくなるということ。連帯保証人は親や親友でもなるのは非常に危険です。特に、富生は親の財産状況などを把握していませんでした。安易な信用は身の破滅につながります。もし富生も自己破産した場合は、その後に起業する場合の融資などが非常に厳しくなります。起業しなければ一攫千金の大逆転は厳しいでしょうから、自己破産はさけたのでしょう。

 最近、若い人に対して、サラリーマンになるのを馬鹿にして、起業を勧める人が結構います。でも、当たり前ですが起業はハイリスクハイリターンであり、勧める人は自分が成功したからいいのですが、それを真に受けて能力もないのに、起業してしまうと、人生がハードモードになる危険があります。日本の場合、よほどの能力がないと復帰が大変なので、良く考えたほうがいいなあと思いました。

 あと、大島優子は巨乳だったんですね。これやそれやで、今後もこのドラマは見続けようとおもっています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR