FISCO新春セミナー アデランスがお勧め

 投資情報会社FISCOの新春セミナーの案内が来たので行ってきました。FISCOはスマホ向けのアプリを出しており、個人投資家へアプローチも図っているそうで、私も積み立ては直販投信で行っているものの、個別株もいくつか保有しているうえ、FISCOアナリスト陣の解説を生で聞けるのでいってみました。美人アナリストの誉れ高い小林あやさんを見てみたいというヨコシマな気持ちがあったのは内緒です。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 最初は田代昌之さんが日本株全体の見通しについて説明。2015年は年金、日銀の資金にNISAの個人投資家資金が入り下がりにくいものの、値上がりすれば外国人投資家をはじめ、利確の動きがあるだろうから、上がりにくい相場でもあると予測しました。

 そのうえで、統一地方選までは安倍政権も動きにくいものの、その後は第三の矢の成長戦略が本格化するだろうから、外国人投資家はその実行力に注目しているそうです。当面の見通しとしては6月に国会閉会、OPEC総会があるほか、アメリカの金利引き上げもそのころに話題になるだろうから、6月に大きく動く可能性があるとのことでした。また、2015年のマイナス要因としては秋にも予定されている日本郵政グループの上場で、パッシブファンドなどが組み入れのため、同じセクターの金融株を売却する可能性があり、株式市場が1.5兆円~2兆円吸収する負担となりそう。個人的には上げ相場にあたれば、むしろ起爆剤になると思うけど、どうなるでしょうかね。

 続いて、佐藤勝己さんが注目テーマ、注目銘柄を紹介。自動運転者、インバウンド消費など8つのテーマを上げて、それぞれ注目企業を上げていました。ただ、この手の話って結構、市場は織り込み済みのような気もするので、上がるも八卦上がらぬも八卦というのが感想です。

 三番目に小林大純さんが今年のIPOの展望を語りました。リーマンショック後20件まで起きたIPOですが、2014年は77件まで増えており、今年は90~100件程度が予想されるとのこと。日本郵政、ユー・エス・ジェイといった大型上場はもちろん、中小型の案件でも面白そうなことがあるとのことでした。

 4番目は小林あやさんが、注目企業のIR担当者に聞くということで、5社のIR担当が参加しました。個人的にはアデランスが女性向けや海外向けに注力しているという話が面白く、一番注目しました(笑)。まあ、個別株の新規購入は当面する機はありませんが、IPOは宝くじだと思って、時々申し込みをしています。

 なお、FISCOアプリですが、全上場企業の簡単な解説のほか、フルレポートも年内に300社程度まで増やすそう。スマホやタブレットでFISCOのニュース速報が手軽に見えるのは便利といえましょう。個人的には、為替の画面が見当たらなかったので、ドル円ぐらいは、表示してほしいかな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR