FC2ブログ

何がアホノミクスだ

 共同通信によると、昨年11月の生活保護世帯数は7か月ぶりに減ったそうです。 毎年、3、4月は就職や卒業などで生活保護数は減少するものの、それ以外の時期では珍しいとか。65歳以上の高齢者世帯の受給世帯数は増えたが、景気回復で就労が進んだ影響で、働ける世帯を含む「その他の世帯」などの受給世帯数が減少した。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 読売新聞によると、民主党はアベノミクスが格差を拡大していると主張して、「格差問題に取り組むことが政権奪還の近道」と自民党攻撃を強める構えです。リベラルな学者からはアベノミクスのことをアホノミクスなんて批判も起きています。

 でも、アベノミクスによる格差拡大が問題かというと、現時点でははなはだ疑問です。生活保護世帯数は減少しているほか、ホームレス数も自殺者数も減少傾向(アベノミクス以前から減少は始まっていますがアベノミクスでも引き続いています)、企業倒産数は20年間で最低を記録しています。高校生の就職内定率もきわめて高い水準を維持しています。

 もちろん、株高によって、大金持ちがますます大金持ちになっているのも事実であり、そうした意味では格差は拡大しています。しかし、民主党政権はもちろん、それ以前の自民党政権のときにも解決しなかった、社会的弱者がどんどん救われている現実をみると、アベノミクスをアホノミクスというのは筋違いではないでしょうか。それとも、批判論者は金持ちが儲かるくらいなら、貧乏人はもっと苦しめとでもいうのでしょうか。

 ただ、このままいけば、中間層の没落というのはどんどん増えていくでしょう。労組が支持基盤の民主党にとっては、正社員が没落するというのは党勢が衰えるわけですから、避けたいわけです。それでも、民主党時代の経済政策に比べたらアベノミクスのほうがはるかに多くの国民を豊かにしているわけですし、アベノミクス批判は筋が悪いなあ。

 ちなみに、アホノミクスということばを2013年に広めた同志社大の浜先生は「2013年世界経済総崩れの年になる!」「2014年 戦後最大級の経済危機がやって来る!」という本をだされています。ブーメランが帰っているような気がするのは僕だけでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アベノミクスで経済がよくなっていることが分かる良い記事ですね。

ときどき、経済成長を求めるのではなく、マイナス成長下の幸せを追求するべきだ、なんて意見を目にしますが、とんでもない話です。

マイナス成長は庶民をより苦しめる結果になるだけです。

Re: No title

コメントありがとうございます。
安倍政権は経済政策では良くやっているし、野党やマスコミがそれを責めるというのは
自分たちが愚かなことをさらしているだけだと思います。野党やマスコミは既得権者だから
本当に困っている人たちを助けようという政策はなかなかできないのではないでしょうか。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR