ネットでNISAフォーラムは美人ばかり

 国技館で開かれたネット証券4社合同の「ネットでNISAフォーラム」に行ってきました。昨年までは資産倍増プロジェクトといっていましたが、今年はNISAにフォーカスをあてたもの。証券会社の社長4人並んだのも壮観でしたが、協賛各社のブースにいるお姉様方が美人ばかりで、どきどきしました。毎回、これが楽しみで来ているかもwww

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 国技館で開かれたネット証券4社合同の「ネットでNISAフォーラム」に行ってきました。昨年までは資産倍増プロジェクトといっていましたが、今年はNISAにフォーカスをあてたもの。証券会社の社長4人並んだのも壮観でしたが、協賛各社のブースにいるお姉様方が美人ばかりで、どきどきしました。毎回、これが楽しみで来ているかもwww

 あいさつにたったマネックス証券の松本社長は「個人の株式売買の90%はネット証券だが、投信は数パーセントしかない」と述べ、環境を良くするために頑張っているといいました。そして、緩やかなインフレのなかで、どうやって資産を増やすか投信が重要といいました。

 また、楽天証券の楠社長は4社の投信は資産倍増プロジェクトがはじまる4年前には1兆円に満たなかったのが、昨年は2兆円を超えたと成果をアピール。ノーロードで種類が豊富なネット証券のほうが、対面よりも個人投資家向きであると思いますので、多くの個人投資家に広まればいいと思います。

 カブドットコムの斎藤社長は、NISAは当初、JapanのISAのJISAになるはずが、麻生副総理がそれではジーサンになるとNISAにしたという裏話を披露。笑いを取ってました。

 その後、1日かけてさまざまなセミナーがあったのですが、興味深かったのが岡崎良介さんの「不確実性下の資産運用-本当のアルファはどこから生まれるか」。他のセミナーではイケイケどんどんの話が多かったのですが、岡崎さんは2つのリスクが懸念されると指摘しました。

 1つは信用リスクの拡大。「質への逃避は景気後退」といわれるが、アメリカでハイイールド債の利回りが上昇しているのに、長期国債の利回りが低下しています。ハイイールド債から長期国債へと資金が流れているわけです。景気がよいのになぜこうしたことが起きているのか。ユーロ圏がマイナス金利になっているように、これまでにないことが世界経済に起きており、信用リスクが拡大しているのでは、との見方です。

 もう一つは日本の長期金利の反転。1月下旬に0.20%から、0.40近くまで上がりました。1月の日銀決定会合でマイナス金利の導入に否定的だったことが要因としてあげられます。その日銀の金融緩和ですが、このままいけば、日銀のバランスシートは来年、日本のGDPの8割に登ります。これ以上、日銀が金融緩和を続けるのは大変で、それが日本の金利に跳ね返る可能性があるというわけです。

 コンセンサスとしては株高でいけいけどんどんの人が多いけれど、たしかに、国債、金利の問題というのは世界的に起きているわけで、もしかするとブラックスワン的な暴落が近い将来あるのかもしれません。こういうときにインデックス投資家としてはそれまでの投資を続けられるか真価が問われそう。こういうセミナーで身を引き締めるような話を聞けたのもラッキーでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR