ゴルフはなぜ人気が落ちたのか

 東洋経済オンラインで、「ゴルフはなぜここまで凋落してしまったのか」との記事が載っていました。 ゴルフ場市場はバブルのにおいがまだ残っていた1992年には1兆9610億円だったのが、2013年には9010億円と半分以下になっています。なんでこんなにゴルフ人気が落ちたのでしょうか。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 私が入社したころは、社内でも、社外とでもゴルフをやるのは当たり前ということで、上司にゴルフの練習場につれていかれたこともあります。しかし、ゴルフ場にでたことは一度もありません。なんでゴルフをしないのか。

 僕自身でいうと、一番大きい理由は、高いからです。交通費をいれると、1回5万円とられた昔ほど高くはないといえ、2~3万円はするでしょう。昔は交際費だの接待費だので落ちたかもしれませんが、今は会社にもそんな余裕はないし、まして、個人でそんなカネがあったら、インデックス投資にまわします。

 また、イメージも金持ちのおっさんが自然破壊をやるスポーツという感じで、自分がおっさんの年になっても、あまり良いイメージはありません。さらに、父親がゴルフ場の会員権をもっていましたが、そこが破綻して紙くずになっちゃいました。父はゴルフ好きだからいいでしょうけど、投資対象にもとても考えられません。

 同じ東洋経済で「ゴルフをしないビジネスマンが損すること」 という記事も書かれており、「ぜいたくな、ちょっと隔絶された空間で、しかも3~4人の少人数で5時間ほどを共にする。通常のビジネスの中で、そんな「濃密な」時間はそうそう作れない」とあります。でも、そもそも、得意先がゴルフをやらなければ、意味がないのでは。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR