国際分散のインデックスは世界のオールスター

 国際分散のインデックス投資といわれても、何に投資しているかイメージしずらい部分があるから、なかなか投資に踏み切れないかもしれません。具体的にどんな企業に投資しているのか考えてみましょう。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 インデックス投資家に人気が高い、バンガードのトータル・ワールド・ストックETF(VT)は、世界47カ国の8000銘柄に投資しています。上位は(1)アップル(2)エクソンモービル(3)マイクロソフト(4)グーグル(5)ジョンソン&ジョンソンです。

 また、国内のインデックスで多く使われているTOPIXだと上位は(1)トヨタ自動車(2)三菱UFJフィナンシャルグループ(3)ソフトバンク(4)本田技研(5)三井住友フィナンシャルグループです。(三井住友トラストアセットのSMTシリーズ)

 一方、SMTのグローバル債券インデックスをみると、(1)アメリカ(2)フランス(3)イタリア(4)イギリス(5)ドイツの国債です。

 マルキールの「ウォール街のランダムウォーカー」の表現ではありませんが、まさに、世界中のオールスターといえる企業、国に投資をしているわけです。短期ではおかしくなったり、倒産する企業や国家があったとしても、世界中の大企業、国が中長期でおかしくなるというのは、まず考えられないでしょう。

 また、貯金をした場合、そのお金がどうなっているかを考えたことはありますか? 国債購入費に消えたり、REITを買われたり、実は、貯金先の金融機関が投資に使っているケースが結構多い。そもそも、企業に貸し出しを行うというのも投資なわけですから、実質的に自分の預けたお金のかなりの部分が投資にまわっているわけです。そう考えたら、銀行に中抜きされるよりも自分で投資をしたほうが合理的だと思えませんか? 銀行の投資先より、世界のオールスターに自分で投資した方が、よほど、収益の見込みがあると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR