アベノミクスで退職金の投資はどうなった

 フィデリティ退職・投資教育研究所はアベノミクス相場で退職金の投資がどうなったかについて8000人の大規模アンケートを行いました。 意外にも、退職金で投資を行っている人は減少傾向でした。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 退職一時金は平均1700万円に上ります。公務員に絞ると2400万円になり、やはり日本はお役所天国ですね。退職金の使い道として最も多いのは「生活費」で52.2%、次が「住宅ローン返済」の20.8%でした。退職金も使わないと生活が苦しいのか、退職後も56%が働いています。

 退職後も金銭面で不安があるという人は54.6%と過半数に。大笑いしたのが、年収2000万円以上の層でも27.3%が不安と答えたこと。そんだけカネがあるのに不安なのは、贅沢三昧してきたということでしょう。アリとキリギリスの童話を思い出します。僕ら現役世代はアリのように必死で働いて給料が上がらないのに、贅沢した高齢者の付けを回されるというのは何とも悲しい。

 不安の理由について最も大きいのが長生きリスクで43.1%、次いで医療・介護のリスク26.8%でした。昔は長生きは喜ばしいことでしたけど、この結果をみると、医療の進歩に社会制度や家計がついていっていないことが分かります。高齢者の犯罪が急増しているという理由もこのへんにあるのかも。

 その結果、現役時代にやっておけばよかったことのトップは「退職後の生活に心配しないだけの資産形成」が47%と圧倒的でした。後悔先に立たずですが、ビジネスマンだったら仕事でお金は絶対に扱っていたはずなのに、半数近くが自分のために役立てないというのもすごい不思議です。

 面白かったのが投資をしている人の7割がプラスになっているとのこと。2011年の調査では7割が損をしていると答えていたので、アベノミクスの恩恵ですね。ところが退職金を受け取った年に投資をしている人はリーマンショック前の2007年には41%あったのに、2011年には33.7%に減り、2014年には26.7%まで減少しています。退職後の生活は不安で、アベノミクスで投資をすれば儲かりやすい状態なのに、投資をしている人が減っているというのも不思議な結果でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

様々な情報をリサーチした上で、事細かい説明分もあり、とてもわかりやすくブログを更新しているので、
これからもためになる情報を配信していって下さい。
楽しみにしています。
TJサポートデスク 三島
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR