FC2ブログ

マクドナルドの思い出

 レバレッジ実践日記さんや資産形成は時の流れにまかせてさんで日本マクドナルドのことが取り上げられていました。経済的な分析はレバレッジさんたちにお任せしますが、子供の頃からなじんでいた企業だけに、感慨深いものがあります。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 基本データとして、日経新聞によると、日本マクドナルドの2015年1~3月期の連結最終損益は145億円の赤字(前年同期は12億円の黒字)でした。 3カ月間の赤字としては過去最悪だそうです。

 僕自身、子供のころはマクドナルドはごちそうでした。両親はファーストフード嫌いで家では食べませんでしたが、祖父の家にいって、マックシェイクなどを買ってきてもらうのが夏休みの楽しみ。中学、高校、大学となるにつれ、部活の帰りに友達とだべったりするのに最適でした。

 中学生のころ、友達のところに駆け寄ろうとして転んでシェイクをこぼして泣きそうな顔をしていたら、店員のお姉さんが無料で交換してくれたのが良い思い出。それ以来、マクドナルドの好感度はぐっとアップして、ちょくちょく利用していました。社会人になっても、独身時代は面倒くさくなるとマクドナルドで食事をしており、つい数年前までは割と頻繁に。

 それが今ではまったく利用していません。一つは、合理化によって会社のビルに入っていたマクドナルドが閉鎖されたため。もう一つは自宅近くの店もそうですが、何となくマイナスの印象がついたためです。味もサービスも昔に比べると落ちた気がするのは、ほかにも美味しいものを食べられるようになったからでしょうし、中年になって高カロリーのものは敬遠したいという着もあります。一番大きいのは、かつてはぴかぴかの夢の場所だったのが、店頭でメニューを外したあたりから、効率ばかりでギスギスしてしまい、目が覚めてしまったというのが正直なところです。こうした手法の責任者であった原田社長が移籍したベネッセも赤字だというのは、こうしたビジネスモデルに変革が迫られているからではないでしょうか。

 株価自体は、株主優待もあり、この1年でそれほど大きく下落していません。でも、さすがに赤字が続くようだったら、まずいでしょう。デフレからインフレへの転換に失敗して過去の企業になってしまうのか、また、娘を連れて家族で安心していける企業になるのか、個人的には後者を願いますが、現状は厳しいのかもしれません。あの店員のお姉さんはもう良いお年だろうけど、幸福な人生を歩んでるといいなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR