FC2ブログ

自民圧勝の結果を受けて

 衆院選は事前のマスコミ報道とおり、自民圧勝、民主惨敗となりました。安倍氏の経済政策にシンパシーを抱いている私は、今後の経済政策に期待しますが、あまり国家主義路線になって、東アジアの緊張が高まると経済にとってマイナスなので、そのあたり、新首相になるのは確実の安倍氏がどういうハンドリングをするのか、注目していきたいと思います。

 不思議なのは民主党。野田首相がなぜこの時期に解散をしたのかというのは不思議でなりません。週刊誌などで、消費税をあげたから財務省にとっては野田氏はもう用済みなので、解散を吹き込んだなどと書かれていますが、あながち嘘とも思えないですね。
 次の予算編成を民主党が行えば、国民へのアピールもできたし、なにより自民党に対する牽制ができたはず。衆参同時選挙になれば、もっと思い切った手も打てたはずです。野田氏は自公民路線ができると思ったのかもしれませんが、マスコミが公示前の世論調査から自民が300議席近くといっていたわけですから、解散のころからわかっていただろうし、民主党も世論調査を行っていて惨敗は目に見えていたのですから、それも厳しいとわかったはず。

 もしかして、野田首相や前原国家戦略担当相は民主党を解党して、自民党に合流したいのかな。それとも野田首相とすれば、消費増税を決めたから、自分は歴史に名を残すので、もう政界に影響力がなくなってもいいと思っているのでしょうか。

 私はこの時期の消費増税に反対なので、民主惨敗は歓迎しますが、いっそのこと野田首相も小選挙区で敗れてくれればよかったのにと思います。今回の選挙の争点は原発でも消費増税でもなく、民主党への反発だったということでしょう。

 それにしても、小泉郵政選挙、民主の政権交代選挙と3回続けて、衆院は与党が圧勝したのに、小泉内閣を最後に、日本の政権は1年交代で、政治家の惨めさを晒し続けていました。安倍氏には安定政権になってもらうとともに、日本のみならず世界の反映と平和を目指していただきたいものです。

 ちなみに、今回の自民党の比例の得票は、大敗した前回の衆院選よりもなんと200万票を下回っています。政治が嫌で棄権した人がそれだけ多かったということ。必ずしも自民党が広範な支持を受けているわけでないことを為政者は理解していただきたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR